「介護職の給料」を年々UP!?

日本の全産業の平均年収は約440万円に対して厚生労働省が公開している「平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果」によれば約352万と低めです。
厚生労働省からの、今のところ案ですが、 年収を全産業平均(役職者を除く)の440万円以上にする動きもあります。
詳しくは、引用元でご確認していただきたいのですが、今後収入UPには大いに期待はできる業界です。
今回の特定加算については、公費1000億円(事業費2000億円程度)を投じ、リーダー級の介護職員について他産業と遜色ない賃金水準(=440万円)を目指し、介護職員の更なる処遇改善を行うものである。
特定加算による改善を行わなくとも、経験・技能のある介護職員のグループ内に、既に賃金が年額440万円以上である者がいる場合には、当該者が特定加算による賃金改善の対象となるかに関わらず、新たに月額8万円の改善又は年収440万円となる者を設定しなくても、特定加算の算定が可能である。
【PR】
旦那が転職して本当に良かったこと

「介護職の給料」を年々UP!?
Scroll to top