虐めを救った、母からもらった素晴らしい励ましの言葉。

今の私からは想像できない。ってよく言われるんだけど、実は私、幼稚園から小学生に上がる時に引っ越しをして、友達のいない小学校へ通うことになったの。
皆は幼稚園や保育園が一緒の人が多いでしょ?
だからすぐに仲良しグループみたいなのができてたけど、私はいつもひとりぼっち。
それで、幼稚園があんただけ違うから。っていう、意味のわからない理由で6年間、ずっと虐められてたの。
最初は、仲間はずれや無視とかのレベルだった虐めだったんだけど、高学年になるにつれて川へ突き落とされたり、水筒やモップなんかの堅い物で叩かれたりと、毎日ホント辛かった。
もちろん、親も学校へ相談してくれるんだけど、学校側は、私に理由があるから虐められるんでしょう。と言い返してきたらしいの。
いじめ問題って、ホント昔からつきまとってる。
暗い話はここまでにして、皆に聞いてもらいたいことがあるの。
それはね、この時に私の見方になってくれた母親から言われた言葉。
あんたはね、雑草なんだよ。
踏まれても踏まれても、立ち上がって咲いていられる雑草。
明るく咲いてる花は、踏まれたら折れて枯れちゃうけど、雑草は踏まれた時は倒れちゃうけど、それでも枯れずに数日したら元気に咲いてる。
だから、今は辛くて大変かも知れないけど、これを乗り越えたら雑草のように元気で楽しい日が待ってるんだよ。
て。
小学生の頃に言われた言葉だけど、ホント今でも覚えていて、大人になった今に思い返してみると、素晴らしい言葉だな。って思うの。
だから皆にも聞いてもらいたかったの。
この言葉が支えとなって、今の元気な私がいるんだよー^^

虐めを救った、母からもらった素晴らしい励ましの言葉。
Scroll to top